スロバキア国立「ルチニッツァ」民族舞踊団

気品・可憐・躍動が似合うスロバキア民族衣装。

心に残るコレオグラフの極み。

世界に誇るスロバキア・フォークアート!

フォークロールレポーター 増永哲男

 

フォークロールレポート公演20周年特別公演

  • 公演スケジュール

期日: 2012年2月11日~3月13日

会場: 全国各地の劇場にて → 詳細はこちら

お問合せ・申込み: フォークロールレポート

Tel. 042-679-3837  Fax. 042-679-3517  HP. www.folklor.com

 

  • スロバキアダンス講習会ワークショップ

2月9,10,11日/NYC第3体育館にて、各日18:30~

2月14日/伊丹アイフォニックホールにて、18:30~

3月2,4日/NYCカル棟41練習室にて、18:30~/18:00~

3月8,10,14日/NYC第4体育室にて、各日18:30~

※ NYC = 国立オリンピック記念青少年センター

 

本物の民族舞踊を堪能できる公演です

1970年大阪万博、1996年の全国公演以来、

今回で3度目の来日となる≪ルチニッツァ民族舞踊団≫は、

1948年チェコスロバキア時代のブラティスラバで誕生し、

1993年スロバキアがチェコと分離した後も国内に4つある

国立舞踊団のひとつとして現在も精力的に活動を行っております。

 

主としてブラティスラバ芸術舞踊大学に在籍するダンサーで構成され、

若者らしく爽やかでパワーみなぎる舞台は、スロバキア国内で

圧倒的な人気を誇り、世界的にも非常に名のある舞踊団です。

 

スロバキアの民族舞踊の大きな魅力として、

美しく華やかな民族衣装も見どころの一つです。

 

地域によって色も形も異なる様々な衣装を着て、

女性は可憐に、男性はスピードとテクニックを軽快に披露し、

花のようにダンサーたちが舞います。

 

フォークロールツアー

フォークロールツアーは、人と人とのふれあいツアーです♪

 

☆スロバキア・フォークロールツアー 2012年6月20日~7月3日

プラハ、ブルノ、ストラズニッツェ、ヘルパ、コシツェ、ラスラビッツェ、最後はビフォドナ。平日はスロバキアの村を訪ね、村の料理と音楽と踊りを楽しみます。今も生きるスロバキア民族舞踊音楽をどっぷり味わいます。澄み切ったタトラの山を背景に、全スロバキアから2010年優秀アンサンブルが全集合します。さわやかスロバキア!ビフォドナを堪能します。

 

☆ジプシー・フォークロールツアー 2012年7月10日~8月22日

第3回ロマ(ジプシー)シンポジウムで増永哲男に紹介されたジプシー世界。あなたの疑問を解きます。見えてきますジプシーの世界。世界を席巻するロマフェストのヨーロッパ・ツアーに同行。来日したジプシー・アーティストの村を訪問します。フォークロールレポーター増永哲男の現地同行ジプシーツアー。

 

☆ロマフェスト・ジプシーキャンプツアー 2012年8月22日~9月4日

キャンプはルーマニア・トランシルバニア・レーギンにて8月26日から9月2日まで。最終日には第20回ロマフェスト・ジプシーダンス音楽フェスティバル。ジプシーダンス“マハラ”、“チョッチェック”を集中取得するワークショップ。午前午後はレッスン、付随してジプシー語講座、ジプシーソング講座が同時開催されています。夜はジプシーの集落・地区を訪問し、ダンスパーティーと交流。ダンサーおよびミュージシャン限定ツアー。詳しくはホームページにて。

 

☆セルビア・フォークロールツアー 2012年11月14日~27日

丸2年かけてセルビア各地から勝ち抜いたベスト20の舞踊団が一堂に集まる、“これぞセルビアのフォークロールフェスティバル”を堪能します。きっとあなたはセルビア人の心と誇りに深く感動するでしょう。やはりコローが一番!フォークダンスはコローに始まりコローに終わる!南セルビアとマケドニアにも訪問。

↓ この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

  • チェコ文化年2017 民族音楽舞踊団
  • 芸術の秋☆ロシアバレエ
  • ロマフェスト ジプシー音楽舞踊の祭典
  • アネックスシアター vol.3
  • ボリショイ・バレエ 2012

    このページの先頭へ