Польский сценический танец

ポーランドのキャラクターダンス

≪マズルカ≫ ― 3/4拍子  

 

ポーランドの民族舞踊であるポロネーズ、クラカビャック、

マズルカは、オペラやバレエの公演の中で幅広く広まりました。

 

舞台舞踊:キャラクターダンスのマズルカの起源は、

民族舞踊の“マズール”からきています。  

 

劇場の舞台に移された“マズール”は、

当然、踊り方の基本の特徴がいくつか変わって、

滑るような足の動きをもたらし、より鋭くないしゃがむ動きや

足を打つ動きになり、上体はより伸びた、

きちんと定められたポジションを保つことが必要になりました。  

 

このマズルカの全てにおける、美しさ、気品のある高潔さ、

力強さは、民族舞踊“マズール”独自の特徴です。  

 

マズルカを学ぶ上での課題は―マズルカの基本歩行での最大限の長い滑り、

明確で正確な踊り方と特徴を伝えること、そして限界まで

軽く急速な動きと、手のポジションの完璧さです。  

 

パートナーの身体から反らす気高い姿勢、軽くて優雅な事は、

女性特有のマズルカの踊り方(演技)です。

 

勇敢で雄々しく、エレガントでダイナミックな、厳密な技法と

情熱的な特徴の組合せは男性特有の踊り方です。

 

 

Польский народный танец

【ポーランドの民族舞踊】

≪クラカビャック≫ ― 2/4拍子  

 

ポーランドの民族舞踊は、形式や粗筋において多種多様です。

それらは暮らしにおけるプロセスを描写し、儀式、遊戯、

日常生活、戦争と踊りなどに分けることができます。

 

これら全ての踊りは大衆(群舞)で演技するという特徴があります。  

ポーランドの民族舞踊は地域毎に分かれ、いたる所に広まりました。

より新しい踊りの“クラカビャック”は、最もポーランドの民族の特徴が表れており、

ポーランドの人々に愛されている、とてもポピュラーな踊りの一つです。  

 

“クラカビャック”は、喜びを表現し、情熱的で軽く、活発な踊りです。

この踊りを踊る為の特徴は、軍人の挙動を思い出す、

軽くて上に引き上げられた身体、でも同時に緊張していない自由です。  

 

“クラカビャック”を踊る際にとても大事なことは、それぞれのポーズで

終わる時の、手と頭のポジションの正確さです。

また、“クラカビャック”を踊る為に必ず必要なことは ― 簡単な動きと難しい動き、

細かい動きと大きな動き、と組み合わせる“手の動き”とのハーモニーです。

 

————————————————–

 

ポーランド(共和国)  

 

東ヨーロッパの北部,バルト海に面する国。首都は、ワルシャワ。  

南部の山地・丘陵地以外はほとんどが平地。

気候は東へいくほど大陸性で冷涼。

 

社会主義国時代から個人経営の農業が中心で,

麦類・ジャガイモ・テンサイなどを栽培するが,経営規模は小さい。

石炭・硫黄が豊富で,銅・鉛・亜鉛なども産出。鉄鋼・機械・造船・

化学・繊維・食品など各種の工業が発達。  

 

14〜16世紀に繁栄したが,その後周辺の強国に圧迫され,

1772年以降,分割・消滅と独立をくりかえした。

1990年代にはECに接近し,国営企業の民営化など市場経済への移行を進め,

2004年にEU加盟。  

 

国名の由来 ― ポーランド語で「ポルスカ」といい,

「農耕に従事していた人々の土地」「平原の国」の意味。