『眠れる森の美女』は、ペロー童話集や

グリム童話集でも取り上げられている『眠りの森の美女』、

『茨姫』(いばらひめ)のヨーロッパの古い民話・童話である。

 

チャイコフスキーは「白鳥の湖」での失敗があり、

もうバレエ曲は作らないと決めていたが、

「眠れる森の美女」の台本に感動して仕事を引き受けた。

 

チャイコフスキーの三大バレエの一つといわれる。

 

 

あらすじ:

あるところに子どもを欲しがっている国王夫妻がいた。

ようやく女の子を授かり、祝いの席に一人を除き

国中の十二人の魔法使いが呼ばれた。

 

魔法使いは一人ずつ贈り物をする。

宴の途中に、一人だけ呼ばれなかった十三人目の魔法使いが現れ、

王女は錘が刺さって死ぬという呪いをかける。

 

まだ魔法をかけていなかった十二人目の魔法使いは、

先の魔法を修正し「王女は百年の間眠るだけ」という呪いに変える。

王女を心配した王は、国中の紡ぎ車を燃やさせてしまう。

 

王女は順調に育っていくが、十五歳の時に一人で城の中を歩いていて、

城の塔の一番上で老婆が紡いでいた錘で手を刺し、眠りに落ちる。

 

百年後。。。近くの国の王子が噂を聞きつけ、城を訪れる。

王女は目を覚まし、2人はその日のうちに結婚した。

 

ペロー版の場合、相違点がある。

 

呼ばれたのはフェアリー(妖精)で、呼ばれたのは七人。

呼ばれなかったフェアリーを含めると八人。

 

王女はつむ針で手を刺して百年の眠りにつく。

などだが、一番大きいのは「続き」があることだろう。

 

王子は、母が人食い鬼の血を引いていることを考えて、

王女と出会ったことを秘密にしていた。

そのうちに「あかつき姫」と「日の王子」という子供まで生まれた。

王位を継いだ王子は結婚を発表し、王女とあかつき姫と日の王子は城に住む。

 

戦争が始まり、王は出かけることになった。

その間に王の母はコック長にあかつき姫や日の王子、王妃を食べたいとねだる。

コック長は三人を殺さず、子羊や子ヤギ、鹿を差し出す。

しかし、三人を見つけた王の母は、桶にマムシやガマや毒蛇を入れて

三人を放り込むように家来に命令する。

 

すると、王が帰ってくる。

王の母は悔しさのあまり自分から桶に入って毒蛇にかみ殺された。

王は、コック長にたくさんのほうびを出す。