バレエ 「コッペリア」

『コッペリア』とは

動く人形を題材としたバレエ作品で、その人形の名前。

バレエ作品の原題は『コッペリア、あるいは琺瑯質の目をもつ乙女』である。

 

音楽はレオ・ドリーブ、振り付けはアルトゥール・サン=レオン。

パリ・オペラ座で1870年に初演された。

E.T.A.ホフマンの物語『砂男』にヒントを得たもの。

『砂男』は人形に恋した男の狂気性を前面に押し出した物語であるが、

『コッペリア』はその狂気性を抑え、陽気で明るい喜劇として再構成されている。

 

 

ポーランドのガリツィア地方

(当時オーストリア領、現ウクライナ領)の出来事である。

 

第1幕

 

ポーランドのガルシア地方の出来事です。

ある町にコッペリウスという人形作りの老人が住んでいました。

村人達から変人扱いされている陰気な老人です。

 

彼の家の二階には、かわいい目をしていつも

本を読んでいる少女「コッペリア」が座っています。

あまりに上手に出来ていたので、

皆はコッペリウスの娘だと思い込んでいました。

 

コッペリウスの家の向いに住むスワニルダは明るく無邪気な人気者の

少女で村の青年フランツとは恋仲ですが、恋人のフランツがコッペリアに

夢中になっているようで、心配でたまりません。

 

村人たちが踊っているところに村長が登場し、

領主が村に新しい鐘をつけてくれたので、

近く祝祭が催されると発表します。

そして、その日に結婚するカップルには

村長から持参金が贈られると言いました。

 

スワニルダとフランツは麦の穂をもって恋占いをしてみますが、

恋人の変わらぬ心を証し立ててくれるという言い伝えの麦の穂からは

何の音も聞こえてきません・・・

二人はとうとう喧嘩をして婚約を解消してしまいます。

 

夕方になり、コッペリウスは家の鍵を落としてしまいます。

それを偶然見つけたスワニルダと友人達は、

好奇心からコッペリアに会いに行くことを思いつきました。

 

第2幕

 

家に忍び込んだスワニルダと友人たちは

珍しそうに人形たちを眺め回します。

 

気になるコッペリアがカーテンの奥にいるのを見つけ、

挨拶をしたり服を引っ張ったりしますが何の反応も示しません。

 

スワニルダはフランツが好きになってしまったコッペリアが

実は人形であることを知り、愉快になってしまいます。

 

そこへコッペリウスが扉が開いているのを

不思議に思いながら家の中へ入っていきます。

 

勝手に忍び込んだ娘達に怒り狂って追い払いますが、

逃げ遅れたスワニルダはカーテンの奥に身を隠します。

そこへコッペリアにひと目会おうと、ハシゴを使って

窓からフランツも忍び込んできました。

 

でもすぐにコッペリウスに捕まってしまいます。

フランツはコッペリウスに、コッペリアへの思いを告げ、

会わせてくれるよう頼みます。

 

コッペリウスはカンカンに怒っていましたが、

ふとあることを思いつきました。

彼はかねてから愛しい人形コッペリアに命を吹き込んで

生きた少女にしたいと思っていたのです。

 

そこでフランツを酒で酔わせ、魂を抜くことを計画します。

コッペリウスはフランツの魂をコッペリアに移そうと

彼を眠らせ魔法の本を取り出します。

 

スワニルダはカーテンの陰で、コッペリウスの企みを知り、

すばやくコッペリアの洋服を身に付けました。

フランツを眠らせ、コッペリウスがカーテンの奥から

コッペリアを取り出しますが、この人形はコッペリアの衣装を着て

変装しているスワニルダでした。

 

彼女はコッペリウスをからかって、命を吹き込まれた人形を演じます。

やがて魂を抜かれたはずのフランツが目を覚まし、

コッペリウスが不思議がっているところへ、スワニルダが来て、

一緒に二人で逃げていってしまいます。

 

あとには洋服を脱がされたコッペリア人形が

椅子に寄りかかっていました。

コッペリウスは大切に作った人形をスワニルダに壊され悲観にくれます。

 

フランツは自分が好きだったのが

自動人形であったことに気が付き、スワニルダと仲直りします。

 

第3幕

 

お祭りの当日。

フランツとスワニルダはめでたく結婚の日を迎えました。

 

そこへコッペリウスが登場し、人形の損害賠償を請求してきました。

スワニルダは受け取った持参金をお詫びに差し出しますが、

村長が変わりに金貨の袋を与え、コッペリウスもやっと満足しました。

 

さて、それから楽しい村の余興が始まり…

人の一生を表す時の踊り、夜明け、祈り、仕事、結婚、戦い、

平和の踊りなど…楽しい賑やかな踊りが始まりました。

 

 

↓ この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

  • バレエ 「ライモンダ」
  • イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー
  • バレエ「ペトルーシカ(Petrouchka)」
  • バレエ 「ダイアナとアクティオン」
  • 有名なバレエ作品と作曲家 一覧

    このページの先頭へ