ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

 

ロシアの作曲家、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

(1840年5月7日(ユリウス暦では4月25日)- 1893年11月6日(ユリウス暦10月25日))

カムスコ・ヴォトキンスク(ロシアのウラル地方)の

鉱山技師の子として生まれたピョートル・イリイチ・チャイコフスキーは、

西欧的でアカデミックな音楽を推進する西欧派を樹立し、

「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」の3大バレエ音楽や

交響曲、ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲など、世界中の人々に親しまれる

作品を残した、ロシアを代表する作曲家です。

 

 

ロシア五人組の国民楽派に対して、チャイコフスキーの北欧的な哀愁のある

西欧派は、モスクワで活動したことからモスクワ楽派とも呼ばれました。

 

幼少のころから音楽的才能を示したチャイコフスキーですが、父親の希望で

1850年、10歳でサンクトペテルブルグの法律学校に入学します。

1854年、コレラに罹患した母親が40歳の若さで亡くなり、

チャイコフスキーは大きな打撃を受けました。

 

1859年、同校を卒業したチャイコフスキーは、法務省に

勤務することになりますが、グリンカの「皇帝に捧げし命」に感激し、

作曲家になる決心をしました。

 

1861年、アントン・ルービンシュタインが設立した

サンクトペテルブルグ音楽学校に入学したチャイコフスキーは、

音楽に専念するため1863年、法務省を辞職してしまいます。

 

アントンのサンクトペテルブルグ音楽学校を卒業したチャイコフスキーは、

1866年、アントンの弟ニコライ・ルービンシュタインが創設した

モスクワ音楽院に講師として招かれ、和声学教授として赴任しました。

 

同年チャイコフスキーは、交響曲第1番「冬の日の幻想」を発表し、

作曲家としてスタートします。

 

その後チャイコフスキーは、交響曲第2番、交響曲第3番、

ピアノ協奏曲第1番、弦楽四重奏曲などを作曲。

なかでも1875年に初演された「ピアノ協奏曲第1番」は、大好評を得ました。

 

1876年頃からチャイコフスキーは、

富豪の未亡人ナジェジダ・フォン・メックと文通が始まり、

彼女から資金援助を受け、作曲に専念することになります。

そしてチャイコフスキーは、初めてのバレエ音楽「白鳥の湖」を完成させ、

翌1877年には「交響曲第4番」をフォン・メック夫人に捧げました。

なお、チャイコフスキーとフォン・メックとの交際は14年間も続きましたが、

その間一度も会うことがなかったそうです。

 

1877年、チャイコフスキーは、アントニーナ・イヴァノヴナと

結婚をしますが、失敗してしまいます。

チャイコフスキーは、モスクワ川で自殺を図るほど

精神的に追い詰められたそうですが、この結婚が失敗した原因は、

かねてから同性愛者との嫌疑をかけられていたチャイコフスキーが、

その噂を払拭するために結婚したからだと言われています。

 

結婚に失敗して失望したチャイコフスキーですが、

1878年に、オペラ「エフゲニ・オネーギン」「ヴァイオリン協奏曲」を、

1880年には「弦楽セレナード」などを完成させました。

 

ところが1881年、チャイコフスキーの尊敬する

ニコライ・ルービンシュタインがパリで客死してしまいます。

それを知ったチャイコフスキーは、ニコライを悼んで、

「ピアノ三重奏曲(ある偉大な芸術家の思い出のために)」を書き上げ、

ニコライの一周忌に初演しました。

 

その後もチャイコフスキーは精力的に作曲を行い、

1888年に「交響曲第5番」、1889年にバレエ「眠れる森の美女」

1890年に、オペラ「スペードの女王」を完成させます。

 

しかし、1890年、フォン・メック夫人の経済上の理由から、

チャイコフスキーへの資金援助が打ち切られてしまいます。

そのため、少なからず打撃を受けたチャイコフスキーですが、

1892年に、バレエ「くるみ割り人形」を、

1893年には、チャイコフスキー最大の名曲「交響曲第6番(悲愴)」

完成させました。

 

main_200

ところが、「交響曲第6番(悲愴)」の初演から

9日後の11月6日に急死してしまいます。

 

 ☆チャイコフスキー簡易作品表

(←”Spysee”)

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーの死因について

・急死の原因は、主にコレラによるとする説(発病の原因として、観劇後の会食時にイタリアン・レストランで周りが止めるのを聞かずに生水を飲んだことが理由とされる)が死の直後からの定説である。

 

・なお直接的な死因は、死の前夜10時頃に併発した肺水腫であることが分かっている。伊藤恵子 著『チャイコフスキー』2005年刊。

 

・1978年にソ連の音楽学者アレクサンドラ・オルロヴァは、チャイコフスキーは貴族の甥と男色関係を結んだため、この貴族が皇帝 アレクサンドル3世 に訴えられ、秘密法廷(チャイコフスキーの法律学校時代の同窓生の、高名な裁判官、弁護士、法律学者等が列席)なるものが開かれ、そこでチャイコフスキーの名誉を慮って砒素服毒による自殺が決定・強要されたという説を唱えた。実際チャイコフスキーの死の直後にもこのような説を唱える者がいたという。

 

・しかしこの説は、研究家であるアレクサンドル・ポズナンスキーの1988年の論文を皮切りに、チャイコフスキーを診た医者のカルテなど、残されている資料を調査した結果、やはりコレラ及びその余病である尿毒症、肺気腫による心臓衰弱が死因であるという反論が出され、例えば、オルロヴァは埋葬式時に安置されたチャイコフスキーの遺体にキスをした者がいた。

 

・なお、正教会の埋葬式においては、遺体や遺体の額に巻かれているイコンに接吻する事は一般的な習慣で、特別な事例ではないという証言を持ち出して「消毒をしなければコレラ患者の遺体にありえないことだ」と主張したが、チャイコフスキーの遺体は安置される前に消毒されていた記録が残っている。

 

・現在ではやはりコレラによる病死だったという説が定説となった。

 

・チャイコフスキー自身、発病当日にはオデッサ歌劇場の指揮を引き受ける手紙も書いている。

 

・ポズナンスキーは緻密な検証を行った末、結局陰謀死説なるものが「21世紀の今となっては、歴史のエピソードに過ぎない」ことであり「まったく根拠のない作り話」であると結論付けている。

 

・チャイコフスキーの死にはさまざまな説が唱えられているが、いずれも決定的な証拠はないとしている。

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーの概略

・チャイコフスキーはその親しみやすい作風から、

クラシック入門の企画などで採り上げられることが大変多い作曲家である。

 

・叙情的で流麗・メランコリックな旋律や、絢爛豪華な

オーケストレーションが人気の要因となっている。

 

・またリズムの天才と言われ、一つのフレーズを発展の連結にしたり、

半音階上昇させたり、または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある。

 

・曲想はメルヘンチックであり、ロマン濃厚といわれる表情が見えたりする。

 

・作品は多岐にわたるが、とりわけ後期の交響曲、バレエ音楽、

協奏曲などが愛好されている。

 

・チャイコフスキーの繊細な心はあらゆる弱いものに向けられた。

孤児や可哀想な動植物、同性愛などへも、彼らに理解を寄せて

共に時間を過ごす事もあった。

 

・しかし、その弱いものへの深い愛情と共感について日記や手紙において

熱烈な表現を使ったために、様々な憶測を呼んだ。

 

・その手紙により、彼が晩年に男性への愛情を注いだに違いないと

推測された人物は、実際のところ聾唖(ろうあ)の障害がある少年であった。

 

ピョートル・チャイコフスキー – Wikipedia より要約

↓ この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

  • チャイコフスキーとロシア音楽展
  • ミハイル・イヴァノヴィチ・グリンカ
  • ボリス・ヴラジーミロヴィチ・アサフィエフ
  • イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー
  • セルゲイ・セルゲーヴィチ・プロコフィエフ

    このページの先頭へ