フランス・バレエ 「エトワール」

パリ・オペラ座のスター・ダンサーが集結/マチューの「カラヴァッジオ」初登場!

Love from Paris エトワール ~フランス・バレエのエレガンス~

世界トップの実力と、圧倒的な人気を誇る「パリ・オペラ座バレエ」から

才能豊かなダンサー達を一堂に集め、バンジャマン・ペッシュのもと、

演目も自分たちで相談して決めていくセルフ・プロデュース公演。

若いダンサーたちのフレッシュで躍動感溢れる表現力と、洗練・を極めたテクニック。

パリより愛をこめてフランス・バレエのエレガンスをお贈りします。

 

プログラムA 2012年1月28日(土) 昭和女子大学人見記念講堂
13:00開演 / 18:00開演
演目:

(振付/作曲)

順不同

ソナチネ(バランシン/ラヴェル)、狼(プティ/デュティユー)、

ロミオとジュリエット(ヌレエフ/プロコフィエフ)、

チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ(バランシン/チャイコフスキー)、

ドガの踊り子【日本初演】(バール/ルヴァイヤン)、

ドリーブ組曲(マルティネス/ドリーブ)、

マノンより寝室のパ・ド・ドゥ(マクミラン/マスネ)、

アルルの女(プティ/ビゼー)、

白鳥の湖より黒鳥のパ・ド・ドゥ(プティパ/チャイコフスキー)

 

プログラムB 2012年1月31日(火)、2月1日(水)・2日(木) ゆうぽうとホール
各日19:00開演
演目:

(振付/作曲)

順不同

ミューズを率いるアポロ(バランシン/ストラヴィンスキー)、

ランデヴー(プティ/コスマ)、オーニス(ガルニエ/パシェール)、

ベニスの祭り(プティパ/プーニ)、

椿姫より第3幕のパ・ド・ドゥ(ノイマイヤー/ショパン)、

カラヴァッジオ(ビゴンゼッティ/モレッティ)、

コッペリア(バリシニコフ/ドリーブ)、

スターバト・マーテル【世界初演】(ペッシュ/ヴィヴァルディ)、

ドン・キホーテ(プティパ/ミンクス)

 

 

出演者 ― パリ・オペラ座

ETOILES エトワール

イザベル・シアラヴォラ、ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ、バンジャマン・ペッシュ

PREMIERS DANSEURS プルミエ・ダンスール

ミリアム・ウルド=ブラーム、ジョシュア・オファルト、フロリアン・マニュネ

SUJETS スジェ

マチルド・フルステ、シャルリーヌ・ギゼンダナー、ヤニック・ビトンクール

※上記出演者は都合により変更になる場合もございますのでご了承ください。

 

チケット料金

チケット発売先:チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、東京文化会館チケットサービス

  • S席14,000円 A席10,000円 B席7,000円 ※全席指定・税込 ※未就学児童入場不可
  • S席セット券(Aプロ・Bプロ)27,000円 ※セット券は限定数にて販売(チケットぴあのみ販売)

(スタジオにバレエ関係者のみの特別優待価格のご案内があります)

お問合せ

お問合せ: フジテレビ・コンサート事務局

公式サイト: http://www.fujitv.co.jp/etoiles/

主催・企画: フジテレビジョン/ぴあ 企画協力:ベルチェアソシエイツ

 

 

映画『パリ・オペラ座のすべて』

 

 

フランス「ブルボン朝」の最盛期に絶対君主制を確立し「太陽王」と呼ばれたルイ14世。彼が絶対的な権力と情熱を注いで作り上げたのが、以降350年にわたりフランス文化の中心となっている世界最古のバレエ団「パリ・オペラ座」です。

そのベールに包まれた「聖域」をドキュメンタリー界の巨匠と評されるフレデリック・ワイズマン監督が84日間にわたって完全密着したのが、映画「パリ・オペラ座のすべて」です。

ニコラ・ル・リッシュ、アニエス・ルスチュ、マチュー・ガニオ、をはじめとするエトワール(星の意=トップダンサー)総出演の豪華さは勿論、普段は見ることのできない厳しいレッスンの模様や特別インタビュー、1500名のスタッフが携わる作品の捜索過程、資金確保のための広報活動や経営戦略など、企業としてのオペラ座も描き出しており、大変興味深い作品となっています。

世界最古のバレエ団として、最高峰に君臨し続けてきたパリ・オペラ座ですが、その実態はほとんど知られていません。羽生善治さんが身を置く将棋界には、全国から天才少年だけを選抜したプロの養成機関「奨励会」というシステムが存在しますが、オペラ座も入団を許されるのは、小さい頃から英才教育を施され、熾烈な競争を勝ち上がってきた一握りのエリートのみです。

入団後も数多のライバル達と凌ぎを削りながら、いくつもの試験を突破していかなければダンサーとしての地位は上昇しません。その頂点に立つのが、エトワール(星の意=輝ける称号)と呼ばれるトップダンサーです。350年に渡って時代の荒波を乗り越えてきたパリ・オペラ座は一体どのように運営されているのか? トップダンサー達の華麗な舞台の裏側にあるストイックな生活とは? 荘厳な建物の内部には何があるのか? 関係者以外誰の目にも触れることのなかったパリ・オペラ座の素顔を明かすために、ワイズマン監督は聖域に足を踏み入れます。

そこに映し出されるのは、ニコラ・ル・リッシュ、マチュー・ガニオ、アニエス・ルテステュに代表されるエトワールの厳しい練習風景、そしてセモリナ粉を主食とする食事風景まで、彼らの日常生活の全て。BGMやナレーションなどの演出的要素の一切を排除したインタビュー風景は、撮影空間そのものをリアルに映し出し、圧倒的な臨場感を観る者にもたらしています。

また、舞台の袖から捉えた公演の数々も見逃せません。「ロミオとジュリエット」、「くるみ割り人形」、「パキータ」、「メディアの夢」、「ジェニュス」など、本作品の撮影時期に上演過程にあった演目の練習風景から本番までを、現地でなければ味わえない臨場感と迫力で伝えます。さらに、カメラが捉えるのはダンサーだけではありません。衣装の素材の染色から縫いつけまでを全て手作業で続ける衣装担当、振付家、コーチ、経営をめぐる会議、有力なスポンサー獲得のための広報活動、ダンサーたちとの待遇をめぐる交渉(この世界はストライキが多い)など、企業としてのパリ・オペラ座の顔も赤裸々に明かされていきます。

原題は「la danse」。本編160分。 http://www.paris-opera.jp/ より

↓ この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

  • シンデレラ with 夏の子ども劇場セット
  • アネックスシアター vol.3
  • 舞台芸術のお得な学割サービス
  • 5周年記念「江戸川バレエフェスティバル」に出演します☆
  • 2012年度 バレエレッスン・ツアー

    このページの先頭へ