奇跡の舞踏スペクタクル / 心を震わすドラマティック・バレエ

スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念 国立モスクワ音楽劇場バレエ

国立モスクワ音楽劇場バレエ

日時:2015年 5月 20日 (水) ~ 5月 24日 (日)

会場:東京文化会館 大ホール

観るものすべての心を震わすドラマティック・バレエ

バレエ大国ロシアで、国立モスクワ音楽劇場バレエ団が他と違うのは、マーロン・ブロンドやアル・パチーノも習得した演技理論 "スタニスラフスキー・システム"に基づき、「ダンサー=俳優」の理念を掲げ、踊りだけでなく、登場人物になりきった俳優としての表現力をダンサーに求めていることだ。原作やバレエを知らない人でも内容がわかるようにストーリーを重視している。

ブルメイステルの名作、愛がテーマの「白鳥の湖」とサスペンスあふれる愛憎劇「エスメラルダ」は同劇場の特徴を最も表す代表作。

ダンサーと共に来日する専属オーケストラが奏でる音楽、緻密で洗練された衣装と舞台美術とともに、「ダンサー=俳優」が織りなす濃厚なドラマをぜひご堪能あれ。

 

【演目】

☆5/20(水)〜21(木):ブルメイステル版 『エスメラルダ』(全3幕)

ヴィクトル・ユゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」が原作の、麗しきジプシーの踊り子エスメラルダと彼女をめぐる男たちの物語。ブルメイステルはこれにエスメラルダの出生の秘密にまつわるエピソードを加え、愛、嫉妬、欲望、裏切り、心の叫びを描き出す。世界でも全幕は滅多にお目にかかれない名作。

関連記事:バレエ「エスメラルダ」より“ダイアナとアクティオン”

 

☆5/23(土)〜24(日):ブルメイステル版 『白鳥の湖』(全4幕)

いくつもの版がある「白鳥の湖」だが、ブルメイステルはオデットが白鳥に姿を 変えられる序章場面と、愛の力で人間に戻るという終結場面を導入。また、物語色が濃いチャイコフスキーの書いた曲の構成を復活させ、曲の順番を出来る限りオリジナルに戻し、物語をわかりやすくした。特に黒鳥が王子をだます第3幕は注目だ。衣装、照明、舞台全体を計算し尽くした構成で、たかみかけるように物語が展開する。パリ・オペラ座でも採用された「白鳥の湖」の傑作だ。

関連記事:バレエ「白鳥の湖」(マイヤ・プリセツカヤ)

 

●芸術監督:イーゴリ・ゼレンスキー ●管弦楽:国立モスクワ音楽劇場管弦楽団

●主催・チケット購入:キョード-東京チケットぴあ

●協力:ガスプロム銀行 ●後援:ロシア連邦外務省/ロシア連邦文化省/駐日ロシア連邦大使館