BOLSHOI BABYLON  ボリショイ・バビロン

~華麗なるバレエの舞台裏~

Bolshoi Babylon
 

世界を震撼させた事件から2年、

ロシアの至宝、ボリショイ・バレエが初めて秘密の扉を開く

世界三大バレエ団のひとつにしてロシアの至宝、ボリショイバレエ団。創立から240年、頑なに閉ざされ続けてきた舞台裏に史上初のカメラが入り、画期的なドキュメンタリー映画が誕生した。

520億をかけて完成した新装ボリショイ劇場では、250人のダンサーと3000人のスタッフが創り上げるバレエとオペラが、年間400回以上も公演される。マリヤ・アレクサンドロワ、マリヤ・アラシュ、スヴェトラーナ・ザハーロワらスターダンサーによる、「ラ・バヤデール」「白鳥の湖」などの華やかなステージや、ここでしか見られない練習風景も満載だ。

しかし―――本当に世界が騒然としているのは、2年前の大事件を真正面から取り上げたこと。バレエ団に隠された”秘密”を明らかにしたのだ―――。

アカデミー賞受賞のプロデューサーが放つ

かつてない挑戦に満ちた新時代のドキュメンタリー

Bunkamura ル・シネマ 9/19より衝撃のロードショー

 

華麗なるボリショイ・バレエの栄光

映画『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』公開記念

ClassicaJapan-9
 

テーマ1 ボリショイ劇場の歴史とバレエスタイル

ボリショイ・バレエがなぜ世界的バレエ団と言われるのか。

英国ロイヤルバレエの元プリンシパル、デボラ・ブルが

ボリショイ劇場とボリショイ・バレエ学校を訪ね、ボリショイの魅力をお届けする

ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

日本初放送:9/12(土)21:00

 

テーマ2 ボリショイ・バレエ伝説のスターたち

伝説のダンサー、ガリーナ・ウラノワが踊る「ジゼル」「瀕死の白鳥」

“闘う白鳥”マイや・プリセツカヤの「白鳥の湖」

1970年代の新星ナデジダ・パヴロワの「ドン・キホーテ」

ウラジーミル・ワシーリエフの十八番「スパルタクス」

”バレエ界のオードリー・ヘップバーン”エカテリーナ・マクシーモワの「くるみ割り人形」

そして人気者ニーナ・アナニアシヴィリが踊る「ジゼル」

スターダンサーの貴重映像でボリショイスタイルを堪能!

プリセツカヤの「白鳥の湖」1976:9/13(日)21:00

ボリショイ・バレエ(全放送21:00)

1979「スパルタクス」:9/14(月)、1978「くるみ割り人形」:9/15(火)

1978「ドン・キホーテ」:9/16(水)、1991「ジゼル」:9/17(木)

ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン1956:9/21(月、祝)

 

テーマ3 新生ボリショイ・バレエ

衝撃事件の1年前に収録された、バレエ監督就任間もない

セルゲイ・フィーリン来日時の独占インタビュー

セルゲイ・フィーリンに聞く!新生ボリショイ劇場:9/18(金)21:00

そして新たな幕開け、2011年10月28日の新生ボリショイ劇場こけら落とし

新生ボリショイ劇場 オープニング・ガラ:9/18(金)21:15

 

◆日本初、そして唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル

CLASSICA JAPAN クラシカ・ジャパン

芸術の秋 ――― 観て、聴いて、踊って、楽しみましょう!